転職事例/出向・転籍・退職の場合

現役転職コンサルタントが執筆します。

はじめに/大変な時代

by tensyoku on 2014年4月2日

af0100003714l

勤めている企業に事業がなくなり、得意な仕事がなくなれば、ほかの企業に移籍して得意分野で実力を発揮する選択が賢明な時代となりました。

企業に残るための新たな職域開拓や職能開発には、たくさんの時間とエネルギーが必要です。しかし、それほど企業は寛容で面倒見が良いでしょうか?

私たちは文字通り大変な時代の転換期に遭遇しているのです。置かれた環境、立場、役割等は、巡り合わせであり試練なのだと達観するゆとりも必要でしょう。

こちらのサイトでは転籍や出向を契機に転職を決断された方の事例をご紹介していきたいと思います。

[お役立ちサイト] エグゼクティブの転職
[お役立ちサイト] 弁護士の転職

現役転職コンサルタント

自らの新しいあり方

by tensyoku on 2016年5月3日

af0100003714l

戦後一貨して会社とともに歩んできた日本のサラリーマンですが、21世紀を目前にして脱会社人間、ないしは会社からの自立ということが広く言われはじめました。

今や会社員は、自らの新しいあり方を問われています。

当初このことは社会の側からの問題提起という形をとりましたが、広範囲な世論動向に影響されて、会社員個人の側でも強く意識するようになったということでしょう。

その背景は人によって異なりますが、会社帰属一辺倒主義への懸念という点では一致しています。

趣味やライフワークで自分の時間を持ち、家庭や地域にもしっかりと生活の根を張ることの重要性が意識され出したということでしょう。

沖原正也氏は『「会社離れ」のすすめ』を出版しました。

営業、商品企画、人事、物流といった業務を歴任してきた現役会社員ですが、多彩な趣味と特技を身につけています。

旅行、ヨット、ダイビング、登山、生け花と続いて、「風呂水自動停水器」で発明協会協会長賞を受賞した発明家であり、さらには農林業や物書きもこなすと紹介されています。

氏はこう主張しています。人生は一度きりである。メドがつき次第早くリタイアし、ライフワークとしての遊びに徹しよう。”楽しい人生”を送るために、と。

最高の遊びはボランティアや学問だという考え方を紹介しているくらいですから、ここでの遊びは、単なる気晴らしや享楽ではないと推察されますが、早期のリタイアという主張が出てくる背景は、人生における遊びの意義を認識しているからではありません。

中高年サラリーマンは受難の時代を迎えているという時代認識がもう一つの背景になっているのです。

現役転職コンサルタント

エグゼクティブの転職

個人は組織から主体的に独立すべき

by tensyoku on 2016年4月5日

af0100003714l

富士ゼロックス総合教育研究所は経済経営雑誌の情報発信に先立って、「新しい個を育む人材観」を公にし、これからの会社員にとって必要なのは「新しい個」の確立だと説きました。

この白書は、「個人は組織から主体的に独立すべきである。

逆に言えば、組織は個人を突き放す必要がある。

個人の組織への埋没・依存は、決して個人の望む姿ではない。」

と断裁しています。

日本の経済界は、組織と個人の新しい局面を迎え、企業と社員の関係が大きく変化する兆を読み取っているようです。

また関西電力の広報誌『縁』は、「自立した個客」として「マルチライフ」をエンジョイすることを提唱しています。

各地域・人それぞれが豊かさを実感できる生活を願って「生活の新理想主義と地域の自律的発展を考えてまいります」という編集方針を掲げました。

企業人は、一個の地球市民として、職業人・地域人・家庭人・個人という四つの生活軸を足にしっかり据えることが必要だというわけです。

こういう人々こそが社会を変え、また職場を開眼させるという考え方に立っています。

何回目かのシリーズで「サラリーマンが面白くなる」という特集を組みましたが、面白くなければ仕事じゃない、楽しくなければ会社じゃない、遊ぶ・学ぶ・働くが三つ重なったところが一番面白い。

サラリーマンは、組織に甘える自己表現人より自分で意味を見い出す意味探究人になろうと提言しています。

そういえば、国立科学博物館に「教育ボランティア」という制度があります。欧米の博物館や美術館では一般的のようですが、自分の趣味や特技を活かしてボランティア活動をやりたいという人々が増えてきました。

86年にスタートしたときは10人が応募、うち8人が採用されたそうですが、最近の募集に際しては1000件の問い合わせがあったといいます。

500人を面接して80人を採用し、現在、登録者総数は210人だそうですが、その中に男性の会社員が15人含まれているといいます。

主婦の90人、リタイア組の30人に比べれば少ないですが、関心が高まってきていることは明白です。

アサヒビールの加藤種男氏は、サラリーマンは会社人間から脱却することが必要だが、そのためには三つの趣味と一つのボランティアを持つことが望ましいと語っておられます。

現に自分自身、小説執筆、美術館通い、リコーダー(縦笛)の練習という三つの趣味に励み、登校拒否児童を支援する民間グループにおいて講師というボランティア活動をしていると述べていました。

現役転職コンサルタント

エグゼクティブの転職

新しい個を育む人材観

by tensyoku on 2016年3月1日

af0100003714l

富士ゼロックス総合教育研究所は経済経営雑誌の情報発信に先立って、「新しい個を育む人材観」を公にし、これからの会社員にとって必要なのは「新しい個」の確立だと説きました。

そこで新しい個とは、市民感覚、他者尊重、自己確立、自己表現という四つの要素を身につけ、それに対して行動できる人材といったほどの意味となります。

そういった人材が身につけている思考・行動様式は、およそ次のようになります。

・こだわりなく、どんな人も人間として受容できる

・異なった考え方を総合的に受け止め、対応できる

・人と共感でき「より深く」人間関係を築くことができる

・その場の”思い”に惑わされず、現実的な課題中心になれる

・自分らしい人生哲学や使命感のもとに、自発的に行動できる

・現実や事実を、より客観的に認識できる

・言動の中に、自分らしい独自性や独創性が発揮できる

・精神的に充実し、自然体でこだわりのない行動がとれる

・自由な意志で選択し、自分の責任において行動できる

・日常性においても、感動を素直に見い出す感受性がある

・人間として大切な基準を自分の中に持ち、行動できる

・広く地球規模の幸福につながるビジョンを持ち行動できる

こういった要件を読んで深く実感することがあります。「人が見える」ということです。

会社人間や働きバチという言葉からはイメージできない躍動する人たちの姿が、「新しい個」にはよく見えます。

「個立」という用語を生み出し、個人として自立することの必要性を説く「新しい個の確立」論は、経済同友会でもその重要性を指摘しています。

しかしそこでの論調は、サラリーマンからすると、まれに見る厳しさとなっています。

現在の日本の企業においては、組織が個人を取り込み、また個人は組織に大きく依存しすぎているように思えます。

個人は組織から主体的に独立すべきです。逆に言えば、組織は個人を突き放す必要があるのです。

個人の組織への埋没・依存は、決して個人の望む姿ではありません。

たとえば、一般的に欧米と日本で社員の企業への満足度を比較調査すると、欧米のほうが日本よりも高くなる傾向があります。

その理由は、欧米では基本的に自分がハッピーな組織でしか働かないし、現に労働の流動性を支える社会も存在しています。

一方、労働の流動性の低い日本では、「満足しているわけではないが、とにかく長く勤めればリターンがある」という個人の組織に対する甘えや、退職金、福利厚生などの制度の存在がそれを支えているように思えます。

しかし、社会の中で企業は個人にとって選択肢の「ワンオブゼム」であることを、個人も組織も改めて認識しておく必要があります。

現役転職コンサルタント

エグゼクティブの転職

もはや会社にぶらさがってはいられない

by tensyoku on 2016年2月2日

af0100003714l

時が進むと、「会社員の転機」は広範囲に論じられるようになり、多くの雑誌が会社員の生き方や生きざまをトピックスとして取りあげるようになりました。

それはバブル経済の崩壊が明白となった90年代以降に顕著となりましたが、時間を少し長期にとると、日本社会で「サラリーマンの転機」は常に社会問題となってきました。

戦前にも『サラリーマン恐怖時代』や『サラリーマン貧乏物語』が刊行される等、サラリーマンにとって大変な局面は幾多ありましたが、戦後も、幾度か大きな節目がありました。

占部神戸大学教授は、著作『サラリーマンの哲学』において次のように述べています。

「これまでの高度経済成長の時代は、サラリーマンにとって、天国であった。しかし、これからの低成長の時代は、サラリーマンの暗黒時代になる。大幅なベースアップは望めないし、昇給のチャンスも少なくなる。交際費も使えなくなるだろう。こうした暗黒時代に、サラリーマンはいかに生きるべきなのか。時代とともに、社会も変化している。当然サラリーマンもまた変わらなくてはならない。」

それにしてもバブル経済崩壊後におけるサラリーマンの転機は、誰の目にも並大抵のことではないように思えます。相当数の雑誌がサラリーマンのあり方を特集しましたが、辛口のものが目立っています。

「曲がり角のビジネスマン」
「平成のサラリーマン革命」
「ミドル受難時代」
「会社を離れて生きられますか」
「したたかな転職一個人と会社の別れ方」
「50歳以上、出社に及ばず」
「“脱会社人間”の時代一いまや会社べったりでは生きられない」
「管理職切り捨てに異議あり」
「会社よサヨウナラ、自分よコンニチワ」
「終身雇用の幻想」
「管理職受難時代 50歳にハッピーリタイアメントを追う」
「崩れはじめた日本的雇用システム」

雑誌の特集タイトルはエキサイティングであることを常としてはいますが、ここに記載したタイトルのすべてが、まことにもって刺激的な見出しです。

しかしながら、これによって人々は、事態の深刻さを噛みしめたことでしょう。

全体を通じてのコンセプトは、「もはや会社にぶらさがってはいられない」ということになりましょうか。

会社を離れて生きられますか、50歳以上出社に及ばず、個人と会社の別れ方、いまや会社べったりでは生きられない、会社よサヨウナラ/自分よコンニチハというメッセージは、文字通り「崩れはじめた日本的雇用システム」ということであり、「終身雇用の幻想」は捨てなければならないということ。

50歳を「ハッピーリタイアメント」に転換する心根と対策が重要になる、と教えているかのようです。

現役転職コンサルタント

社畜ができあがる

by tensyoku on 2016年1月6日

af0100003714l

91年、通産省傘下の「ゆとり社会懇談会」は中間報告をまとめましたが、経済と社会に関する認識はここでも引き継がれています。

「物質的な豊かさが充足される中で、国民は時間的なゆとりや精神的な充足度、心の豊かさといったものをより重視する方向へと変化し、近年、産業・企業の発展と国民生活の充実感との間には大きな不均衡が生じている」とし、「ゆとり社会建設に向けた企業の役割」について具体的な提言をしています。

詳細は省かざるをえませんが、「今後は、企業行動における倫理性や社会性というものがより一層幅広く、かつ、深く問われる」として、企業観を転換することの必要性を強く打ち出しているのが特徴です。

政府や中央官庁は海外の世論に敏感で、有識者を巻き込んで次々と政策提言を世に問うのが常となっています。人々の意識や社会の現実が提言の方向に向けて動き出すのには時間を要するものですが、90年を目前にするころから、有識者を中心に世論は動き出しました。

親日ないし知日派と称される海外の知識人も、「日本はおかしい」「これでよいのか日本人」というタイトルで新聞や雑誌に寄稿しました。80年代における日本は、世界の目から捉えても、尋常ではなかったのです。

日本型企業社会の転換が迫られる中で、企業と企業人もまた意識の転換を余儀なくされています。一般のビジネスマンについてもそれは同じことですが、心ある人は、先の政策提言や世論の動向がそうなる以前に、すでにして自らのあり方を点検しています。その先駆的存在ともいえるグループが、90年に『脱・ビジネスマンの挑戦』を出版しました。

メンバーが共有するのは、企業を伸ばす最大のファクターは「効率性」ではなくして「創造性」であり、自己実現型社員であるという認識です。その一人で大企業の部長職にある山本勝彦氏は、よい会社に入り、より高い収入や地位を求める上昇志向の人を「ビジネスマン」と呼び、単なる月給取りであるサラリーマンとは一線を画すとしたうえでこう述べています。

「個を生かしながらビジネスをこなし、仕事を通して自己実現や社会貢献を果たし、あわせて自分の生活や人生を楽しむという自立した生き方、美学を持った人々」がこれからのビジネスマン像だ、と。山本氏はご自身その体現者です。

こういった発言からイメージされる会社員像は、会社人間や仕事人間という。日本で表現される会社員像とは、大きくかけ離れています。「会社のためなら、家庭や友だちづきあいは多少犠牲にしても精一杯がんばる」、あるいは「仕事や会社での生活に生きがいを感じる」会社員とは、趣が異なるようです。

90年前後から「社畜」という用語がしばしば使われるようになりましたが、安土敏氏によると、転職の自由のなさがサラリーマンを一つの会社の枠中に押し込め、サラリーマンを社畜化するといいます。

自分の会社以外の世界を知らず、自分の会社の中での昇進のみに興味を持ち、話題は会社内の人々の噂だけ。こうなると、もう会社から離れては生きていけず、まるで家畜のようなサラリーマン、いわば社畜ができあがるというのです。

現役転職コンサルタント