転職事例/出向・転籍・退職の場合

現役転職コンサルタントが執筆します。

自分の人生に自己責任原則と主体的な努力を

by tensyoku on 2015年2月3日

af0100003714l

人生とは結果であり、足跡として後に印されるという性格を色濃く持っています。

思い通りにはならないから、成り行きに任せて済ませる、ということではないわけです。責任を持つとは、言葉を替えれば、主体的な努力は不可避だということです。

では、自分の人生やキャリアに責任を持つとは、具体的にはどういうことでしょうか。

それほど体系だったことは述べられませんが、まず、ビジョンを持つこと。人生ビジョンないしキャリアビジョンを描くことなしには、豊かなキャリアを築き、人生を成功裏に生き抜くということはむずかしいでしょう。羅針盤を欠いた、心意気を感じさせないような航行で、人はどれはどの充足感をわがものにできるでしょうか。

次いで、描いたビジョンの実現に向けて、施策をめぐらし、行動を起こすこと。その前提としてビジョンを目標に落とし込むことが要請されますが、目標の達成には資源の調達と、それの効果的な配分と投入とが不可避です。資源としては、中でも能力的資源ならびに関係的資源が重要となります。

能力的資源とは、主として職業的能力にかかわる知識と技術であり、これはもっぱら学習と訓練を通じて獲得することになりましょう。関係的資源とは、主として人的ネットワークを指し、関係者との密なる相互作用と交流を通じて得られる情報と支援は重要です。

さらには、時間的な間隔を考慮し、人生の節目節目でふりかえりを行うことです。来し方をふりかえり、成果のほどを確認しつつ、内省をし反省をしていく。このこと自体、よき人生勉強の機会となるはずですが、また動機づけの契機ともなることでしょう。

この過程では、当然のことながら、軌道修正も行われることになります。

人生行路やキャリア形成に関する主体的なアプローチとは、マネジメントサイクル論を援用すれば、今、述べたようなことになります。

ただしマネジメントサイクル論を援用したからといって、人生やキャリアはマネジメントできるとか、したがってマネジメントしなさいと言っているわけではありません。

それを言うのが本旨ではありません。繰り返しになりますが、自分の人生には自己責任原則をもって臨み、主体的な努力は不可欠であるということを確認することにしたい、ということです。

現役転職コンサルタント

Comments are closed.